image1

 小学校入学を控えたお子さんをお持ちの親御さんにとって、ランドセルはどれがいいかと悩む問題と同時に発生するのが、学習机はいるのかいらないのかという悩み。

 

先輩ママやパパに聞いても各家庭の方針やお子さんのタイプ、周囲からの入学プレゼントの有無…など色々なケースがあって、「じゃあ、うちは?」と結局答えが出ないまま…なんてことも。

すべてのご家庭が満足するたった一つの方法は存在しなくても、買う場合、買わない場合に考えられるメリット・デメリットについて知ることで、ご自身の家庭に当てはめて、納得のいく結論を出せるのではないでしょうか?

 買う場合と買わない場合、どんなメリット・デメリットが考えられるでしょうか。早速見ていきましょう!

リビングで学習すれば目が行き届く

 

学習机を買わなかった場合ですが、宿題などをやるにはリビングのダイニングテーブルなど、普段家族が食事や語らいなどで使うところを学習机代わりにすることになるでしょう。

 特に低学年の内は音読に付き合ったり、ドリルの丸付けなど保護者が関わる必要が多い宿題がたくさん出されます。リビングで取り組めば、親御さんも家事の合間に付き合うことが出来て見てあげやすいですね。

早く買えば長く使える

 学習机は決して安い買い物ではありません。大体のお子さんは大学受験くらいまでは使うことを見越して購入することになります。

デザインによっては大人になっても使える机もあります。どうせ購入するなら、小学校入学、またその少し前に購入すれば、すこしでも長くつかうことができ、結局お得だということにもなりますね。

学校関連の物をどこに置く?

image2

 学習机は買わない、もしくは今後購入するけれども今は買わない、という家庭で、問題として考えられるのは、学校関連の物をどう収納するか?ということです。

 学習机は、そこで勉強すること以外に自分の持ち物を管理する場所、という側面も持ちます。学校に通う内に教科書、参考書はもちろん、配られたプリントや文房具類など、こまごまとした物が増えていきます。

 こうしたときに学習机がないと、散乱するはめになったり、リビングの家族共有スペースが学校関連の物で占領されてしまうことにもなりかねません。

学習机があれば、ひとまず学校関連の物が集結されますから、行方が分からなくなってもとりあえずそこをみてみればいいわけです。

リビングの机は勉強用ではない!

 リビングにあるダイニングテーブルは、学習机として代用はできますが、そもそも学習用に、ましては子ども用に設計されたものではないので、姿勢に影響が出ます。短期間であれば問題ないかもしれませんが長期に渡って使用するとなるとすこし心配です。特に入学してしばらくの低学年期は、体に負担がかかるような状態は避けたいですよね。姿勢の悪さは集中力にも影響しますし、これから学習習慣をつけていく時期としては慎重にいきたいところです。

また、照明にも同じことが言えます。学習机で使う照明は、手元を照らすことができますが、リビングの照明は部屋全体を照らすためのものなので、手元の文字を見る学習時には向いていません。

オススメ学習机

時期を逃さず買うと良い理由

image3

 とくに周囲からのお祝いとして買ってもらう話が出ている場合。やはり入学のお祝いとしていただくわけですから、少したってからでは買ってもらいにくいものです。今は買わないという家庭も、学習が本格化した頃にいよいよ買うとなっても、結局自分たちで買うことになったり、時期によっては、商品も豊富ではないため、たくさんの候補のなかから選ぶことができなかったりするところがネックでもあります。

学習机はいる?いらない?購入に関するメリット・デメリット まとめ

  1. リビングでの学習は目が行き届きやすい
  2. 早く買えばその後少しでも長く使える
  3. 学習机は学校関連の物の収納場所でもある
  4. リビングの机は学習用ではないので姿勢が悪くなる恐れがある
  5. 入学祝いで買ってもらう時期を逃すと、自分たちで購入し、選ぶ候補も少ない

やはりこうしてみると、入学と同時に買うことによるメリットもあれば、デメリットもあり、一概にどちらが良いとは言い切れませんね。

 大事なことは、そうしたメリット、デメリットをよくイメージしてみて、納得できる方法をとるのが一番であるということです。

 長い期間使うものになりますから、後悔のないよう、じっくり考えて選びたいですね。

オススメ学習机

家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

こちらの記事も読まれています