育児

子供の歯が抜ける時期っていつくらいなの??

投稿日:

image1

梅雨も明けて毎日じめじめ暑いですね!夏休みにも入り、今まで幼稚園等にお子さんが通っていたなら毎日のお昼ごはんも用意しなきゃいけないし昼寝もさせないといけないし・・って休んでる暇がないですよね。お昼寝させている間にふと、歯磨きしてないけど虫歯大丈夫かな?あれ?そういえばそろそろ歯の生え代わりの時期だったかな?って思うことないでしょうか?もしくはもうすでにお子さんの歯がグラグラしてきているのを見つけてしまったあなた。いつ全部生え変わるの?ってちょっと疑問ですよね。

 

今回はそんな疑問に歯科衛生士である私がお答えしたいと思います!

 

 

生え変わりの時期

個人差はもちろんありますが、一般的には6~12歳くらいまでに大人の歯、永久歯へと生え変わり、親知らずと言われる、前から8番目の歯以外の歯すべてが揃うのが14歳くらいと言われています。

 

・6歳くらい⇒下の前歯が抜け、永久歯が生えてくる

・7~8歳くらい⇒上の前歯が抜け、永久歯が生えてくる

・8~9歳くらい⇒前から順番に後ろへ永久歯が生えてくる

・10~11歳くらい⇒上下とも子供の奥歯が抜けて大人の歯が生えてくる(第一、第二小臼歯)

・12~14歳くらい⇒大人の奥歯が生え揃う(第一、第二大臼歯)

 

子供の歯である乳歯が生えてくる順番と大差はないようですね。乳歯が20本だったのに対し、永久歯は親知らずも入れると32本もあります。12本も増えるんですね!びっくりです!ただ、最近のお子さんは親知らずが先天的にない場合も珍しくないようです。

 

人によって4歳くらいから子供の歯がぐらつき始めたり、第二大臼歯が生まれながらにしてないという子もいるので時期はあまり気にせず、どうしても心配な時やなかなか永久歯が生えてこない時はかかりつけの歯科医院でレントゲンを撮ってもらい、どうなっているのか見てもらうと安心ですね。では生え変わる時のよくあるトラブルを見ていきましょう。

 

 

乳歯が抜けていないのに永久歯が生えてきた

よく起こりやすいのが、乳歯が揺れているけれども抜けていないのに裏から永久歯が出てきてしまったケース。グラグラしてるクセになかなか抜けなくて困ったものです・・。そんな時は歯科医院で抜歯してもらいます。私は小さい時全体的になかなか乳歯が抜けなかった子だったので何回も歯科医院で抜歯してもらっていました。その度に麻酔の注射の痛みと戦ってもう散々だったので、一度手で口をガードしたら「手に注射するよ?」と言われたあの恐怖は今でも忘れられません・・(笑)今では麻酔の注射の前に表面麻酔と呼ばれるジェルを塗って感覚を麻痺させてから注射をする手法が浸透しているのでそんなことはあんまりないと思いますが、そうならないようによく乳歯をグラグラさせておきましょうね。乳歯が抜ければ裏に生えていた永久歯は前に移動するのでご安心を。

 

乳歯が全然揺れていないのに永久歯が出てきてしまうこともあります。これも歯科医院で抜歯コースになります。こちらも又、乳歯が抜ければ永久歯が正しい位置に来るので心配はありません。

 

 

乳歯が抜けたのに永久歯が生えない

乳歯が抜けてから永久歯が生えるまでは3~6ヵ月時間が空きます。完全に永久歯が生えきるまでに1年かかるなんてことも。でも3ヵ月以上経っても生えて来ない時はもしかしたら歯茎の中にスタンバイしているはずの永久歯がいないこともあるので、念のために歯科医院でレントゲンを撮ってもらい確認してもらうと良いでしょう。

 

 

生え変わりの時期の注意

image2

 

生え変わる時期は歯と歯の間が空いていたり、大きさの違う歯が入り混じっていたりして磨きにくく、その為磨き残しが多くなって歯肉炎や虫歯になりやすいです。こまめにうがいをしたり、鏡を見ながら歯磨きをするなどして口の中を清潔に保つようにしてください。生えたての歯は虫歯になりやすいので特に念入りに!しかし生えたてはフッ素を取り込みやすい時期でもあるのでフッ素入りの歯磨き粉を使ったり歯科医院でフッ素を塗ってもらうと強い歯にしてくれるので効果的ですよ。

 

 

子供の歯が抜ける時期っていつくらいなの??まとめ

  • 一般的に6~12歳くらいに生え変わり14歳くらいで生え揃う。
  • 時期は人それぞれなのでずれていてもそんなに気にしなくて良い。
  • 乳歯が抜けていないのに永久歯が生えてきたら歯科医院で抜歯してもらう。
  • 乳歯が抜けてから3ヵ月経っても永久歯が生えてこなかったら歯科医院でレントゲンを撮って見てもらう。
  • 生え変わる時期は虫歯や歯肉炎になりやすいのでよく磨いて清潔にする。

 

他のお子さんと時期が違ったりしても、うちの子大丈夫かしらとあまり気にせずにのんびりと構えていても大丈夫です。ただ、あまりにも気にしないと虫歯になったり歯並びにも影響してきますので、日ごろから定期的に歯科医院に通っておくのが望ましいでしょう。歯が抜けていて可愛く見えるのは子供の特権です。この時期を楽しむくらいの余裕をもって子育てできたら素敵ですね!

人気記事

1

幼児教材といえば〜 突然やってくる訪問販売の幼児教材や、本屋さんに売っている幼児月刊誌、 それから昔は学研の配達幼児月刊誌なんてのもありましたが... 今は、通信教材が主流で人気ですね〜。 まあ、よく ...

2

今やどんな仕事をするにも英語は必須になってきました。もちろん学校での英語教育も形を変えてきています。小学校でも英語教育が始まっていますし、2020年には高学年は教科書も使うようになります。評価もつくよ ...

3

子供の成長は親の喜びです。子供の笑顔は何よりも嬉しいものです。楽しく声を上げて笑って成長していく姿に日々感動しますよね。でも不安もあるでしょう。可愛いと想うだけでは子供は育てられないですものね。子供が ...

4

2020年からプログラミング教育が始まるということで、それに先駆けプログラミングを遊びながら学べるおもちゃが多数出てきています。 出ていたというか、注目されるようになったというか、 どちらにせよ目にと ...

5

先日新聞で2020年の指導要領の改定についての記事が出ていました。 色々書いてありましたが、その中でも注目をされているのが「プログラミング教育」でしょう。 とはいえ、年長さんや小学生に難しいプログラミ ...

6

お子さんを育てていくのに大事な事は、生きていく上で必要な教養をいかに身につけさせてあげるかですね。いつまでも親御さんが面倒を見てあげる訳ではありません。 自立して自分で自分の進路を進ませて上げられるよ ...

-育児
-

Copyright© Our future|幼児教育、育児 ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.