2歳~ 3歳~ 4歳~ 5歳~ 6歳~ 幼児教材 幼児教育

Z会の評判が分かれる理由?幼児期に学ばせたいのは親子一緒の学び体験!

更新日:

image1

 Z会のイメージといえば、受験ではないでしょうか。毎年1000人以上もの東大合格者を輩出している、と公式サイトでも大きく掲げられています。

 教材は幼児教材から大学受験まで揃っており、幼児教材からスタートを切れば、大学までZ会の教育を一貫して受けられることも魅力ですね。

 幼児教材はこのZ会の他にも「こどもちゃれんじ」「ポピー」「ドラゼミ」など各社から通信教材が出ており、どれがよいのか決めかねている親御さんも多いようです。

 受験に強いイメージのZ会ですが、まだまだ受験からは遠い位置にある幼児期。その中身はお勉強一色なのでしょうか?評判を元に見ていきたいと思います。

Z会なのに…簡単?!

image2

Z会の評判の中で多いのが「簡単すぎる」というもの。ちょっと意外ですよね。Z会の幼児教材は、

「ぺあぜっと」と「かんがえるちからワーク」の2つに分かれています。

 ではこれらのなにが簡単なのかというと、まず「ぺあぜっと」ですが、こちらは親子で取り組む体験型教材となっており、ちょっとしたクッキングに取り組む課題や、身近なもので作る工作、そして外に出かけ同じ形の物を探したりといった内容です。

 いわゆる「お勉強」といったイメージのものではないんですね。こういう構成に対して、「わざわざ教材を使わなくても、家庭で出来そう」といった評価になっているようです。Z会というブランドイメージから、お受験用の勉強内容だと思った親御さんは物足りなく感じるようです。

 一方「かんがえるちからワーク」は、お子さんが一人で取り組む自習タイプで、ひらがななどを扱っているのですが、「少し考えればすぐに分かってしまう」といった口コミも見受けられます。

 もちろん他教材と比べて評価されている部分もあります。「こどもちゃれんじ」の毎月送られてくる付録がかさばって大変という方が付録の無いタイプのものをと調べてZ会に行き着く人もいるようですし、添削システムがあり、丁寧な対応が魅力との声もありました。

Z会はやはり受験をターゲットにしていた!幼児期にこそ育てるべきは…

 幼児期に熱心に教育教材に取り組ませようとする親御さんの中には、小学校受験や中学校受験などを視野にいれている方も多いと思います。まず手始めにワークのような、暗記型、知識獲得型の教材から始めようという傾向があります。ですが、トップの学校ほど暗記や計算能力の高い子より、親が関わって共感し、自然や社会に興味・関心を持つ子を求めているのです。

 受験間近になり、そうした学校の傾向に気づいても、親子の関わりを重視した経験は時間をかけて培われるものであり、すぐには身に付きません。Z会の「ぺあぜっと」はまさにこの、親子の関わりを重視した内容なのです。

 たしかに、家庭で工夫すればそこそこ似たような活動を考えることは可能かもしれませんが、なかなかアイディアを量産することが続きませんし、そもそもいつも同じ質の体験を設定してあげられるでしょうか?1回2回ならまだしも、なかなか出来ることではありません。。

幼児期に大切なのは成功体験を増やすこと

 image3

 幼児期に必要なのは、一つでも多くの成功体験をすることです。うまくいった経験は子どもにとって自信につながり、新しいことへチャレンジする勇気をもつことができます。一見遠回りに思えるかもしれませんが、まずは親子でたくさん遊び、その中で成功体験をたくさん作りだしていきましょう。

 成功体験、という意味では、Z会の「かんがえるちからワーク」それを狙っているといえます。内容が簡単すぎる、という声があるとのことですが、この「簡単」というところがミソです。子どもはどんどん進められ、分かる、正解するという成功体験をどんどん積み上げられるのです。幼児期は、知識を積み込むのではなく、この先たくさんの知識を取り入れていく、土台作りの時期であると言えます。

Z会の通信教育 資料請求はこちらをクリック!

Z会の評判が分かれる理由?幼児期に学ばせたいのは親子一緒の学び体験! まとめ

  1. 学習教材だと思って取り組むと簡単に感じてしまうかも。
  2. 受験で求められるのは親子の関わりをもとに自然や社会に興味・関心を持つ姿
  3. 幼児期は、これからの学習体験のベースを培う時期であるということを忘れずに。

幼児のうちは、自ら教育教材を選ぶことはできません。目の前にあるものすべてに興味をもって接していく中で成長していきます。この時期に教育効果の高い環境、素材を選び、与えられるのは親御さんの役目です。

 Z会のように、幼児期に必要なものを凝縮した教材をうまく使い、またそれに頼りすぎるのではなく、お子さん自身が自ら成長していく力も見逃さずにいてあげたいですね。

常にお子さんにとって今なにが必要か、試行錯誤をして共に経験を重ねていくうちに、きっと興味・関心の幅が広いお子さんへと成長することでしょう。

Z会の通信教育 資料請求はコチラをクリック!!

Z会 幼児コースはこちら!!

人気記事

1

幼児教材といえば〜 突然やってくる訪問販売の幼児教材や、本屋さんに売っている幼児月刊誌、 それから昔は学研の配達幼児月刊誌なんてのもありましたが... 今は、通信教材が主流で人気ですね〜。 まあ、よく ...

2

今やどんな仕事をするにも英語は必須になってきました。もちろん学校での英語教育も形を変えてきています。小学校でも英語教育が始まっていますし、2020年には高学年は教科書も使うようになります。評価もつくよ ...

3

子供の成長は親の喜びです。子供の笑顔は何よりも嬉しいものです。楽しく声を上げて笑って成長していく姿に日々感動しますよね。でも不安もあるでしょう。可愛いと想うだけでは子供は育てられないですものね。子供が ...

4

2020年からプログラミング教育が始まるということで、それに先駆けプログラミングを遊びながら学べるおもちゃが多数出てきています。 出ていたというか、注目されるようになったというか、 どちらにせよ目にと ...

5

先日新聞で2020年の指導要領の改定についての記事が出ていました。 色々書いてありましたが、その中でも注目をされているのが「プログラミング教育」でしょう。 とはいえ、年長さんや小学生に難しいプログラミ ...

6

お子さんを育てていくのに大事な事は、生きていく上で必要な教養をいかに身につけさせてあげるかですね。いつまでも親御さんが面倒を見てあげる訳ではありません。 自立して自分で自分の進路を進ませて上げられるよ ...

-2歳~, 3歳~, 4歳~, 5歳~, 6歳~, 幼児教材, 幼児教育
-, , ,

Copyright© Our future|幼児教育、育児 ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.