3歳~ 4歳~ 5歳~ 6歳~ 幼児タブレット教材 幼児教材 英語

ABC マウスの口コミ オンライン英語学習で楽しく学ぼう

2019年11月にリリースされたばかりの楽天の新しいサービス、Rakuten ABC マウスをご存じですか?
ABC マウスはアメリカで開発され今では世界中で使われている子ども向けオンライン英語学習法で、日本でも2017年から提供されてはいたのですが、この度英語学習コンテンツを拡充した刷新版として新たに楽天からリリースされたんです。
ネイティブの子ども達も使っているというこちらのシステムは、バラエティに富んだ数多くのアクティビティが取り揃えられていて飽きずに取り組めるので、初めて英語に触れるお子さんにピッタリの内容。
筆者は3人の幼稚園児を抱えるママですが、実はまだ英語教育にはほとんど手を出したことがなく、何かお手軽に始められるものはないかなーと探しているところだったので、これはかなり気になる!
ということで、Rakuten ABC マウスの内容や口コミについて調べてみましたので、これからお子さんに英語教育をと考えている方や、どうも今通っている英会話教室だけでは物足りない、という方はぜひ参考にしてみてください。

Rakuten ABC マウスとは

ABC マウスとはアメリカの幼児教育の専門家チームが開発したオンライン教材で、子ども達がゲーム感覚で楽しみながら自然に英語を学ぶことができるカリキュラムとして高い評価を受けています。
日本ではまだまだ新しいサービスではありますが、アメリカでは知育アプリとして様々な賞も受賞しているようなので、その点では安心できますね。
Rakuten ABC マウスでは対象年齢が3~8歳となっており、幼児期からネイティブの良質な英語を聞き、英語に慣れ親しむことで「英語を英語で考えて理解する脳=英語脳」を育てることを目指しているとのこと。
確かに筆者を含めた多くの日本人の英語がダメな理由は、まず日本語で考えたものを英語に直そうとすることだという実感は確かにあるので、子どもの英語脳、育てられるものならぜひ育てたいところです。

内容はというと、中に用意されているアクティビティが5,000以上あるというのがまず驚きです。
それだけあれば多少飽きっぽい子どもでも楽しく取り組むことができそうですよね。
またそれらのアクティビティはただ適当にこなすのではなく、英語教育の専門家が作った「ステップ・バイ・ステップ学習コース」に沿って進めていくようになっていくので、少しずつレベルを上げながら最適な順序とペースで学習できるようになっています。
さらに、アクティビティを一つ終えるとチケットがもらえるしくみになっていて、サイト内でそのチケットを使って色々なことに使って遊べるそう。
このような仕掛けがあると子どものモチベーションが俄然あがるので、とてもいいですね。

学べるのは2,000以上の単語とフレーズ。
様々な環境をテーマにしたアクティビティの中で、あいさつや食べ物といった初歩的なところから家庭や教室内で使うような単語まで、子どもたちにとって身近な英語表現をたくさん学べるようになっています。

では次にアクティビティの内容をもう少し詳しく見ていきましょう

Rakuten ABC マウスのアクティビティ

アクティビティの種類は大きく分けて6つ。
サンプル画像を見ると、どれも子どもが直感的に取り組めるような内容になっているのがわかりますよね。
しかもそれぞれに違う学習目標があるので、計画的に学習を進めていくことでバランスよく英語の力を育てることができそうです。
そして知育アプリとしてもやりごたえ十分といった感じなのがいいですよね。
英語力だけでなく物ごとに対する判断力や創造力などの考える力を育ててくれるというのは、幼児期から小学校低学年の子どもにとって大きなメリットだと思います。

それではここで6つのアクティビティの中身を簡単にご紹介しましょう。

アート

アートを通して創造性と独創性を育みながら、英単語や表現を学ぶ

パズル

空間認知力や観察力を養い、耳で聞いたものと目で見たものを結び付ける作業を通して英語で物事を理解する力を育てる。

英語の歌を聴いたり歌ったりすることで、リスニングとスピーキングの力を育てる。

デジタルえほん

色鮮やかでバラエティに富んだ何百種類ものデジタルえほん。
お話を楽しみながら、英単語とその正しい発音を学びつつ、リーディングやリスニングの力を育てる。

ゲーム

遊び感覚で英語に触れることで、様々な英単語や英語の表現を学ぶ。

プリント教材

鉛筆と紙でも学べるように用意された1,000種類以上のプリント教材。
塗り絵やアルファベットのなぞり書きを楽しみながら、英単語や英語表現を学ぶ。

こうして見ていくとかなり充実しているのが分かりますね。
どのページもカラフルでよくできていますし、子どもは勉強という感覚無しに英語に取り組めると思います。
しかも、タブレット教材にまだ懐疑的なところがある世代の人間としては、プリント教材もちゃんと用意されているところに好感が持てます。

さて、そんなRakuten ABC マウスですが、もし始めるとしたらどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

ABC マウスの利用料はいくら?

Rakuten ABC マウスのいいところは、既にもっている楽天アカウントを使ってすぐに始められる点。
一から新たなアカウントを作るのは地味に面倒な作業なので、これはとても助かります。
しかもお買い物で貯まった楽天ポイントを使ったり、逆にRakuten ABC マウスで貯まったポイントを別のことに使うこともできるそう。
筆者のような楽天のヘビーユーザーにとってはかなり嬉しいですね。

気になる利用料は以下の通りです。

月払いだと1ヵ月あたり1,780円ですが、それが1年プランだと1ヵ月あたり1,067円とかなりお得になりますね。
しかも今なら1年プラン申込で2,500ポイントプレゼントというキャンペーンもやっていて、さらにお得になるようです。

そして筆者が一番ありがたいと思ったのが、1アカウントで3人までユーザー登録できるという点。
3人の子どもに英語を習わせようと思うとレッスン料はかなりのものになりますが、こちらならたった1,067円で3人の子どもがそれぞれの学習進度で学べる、というのは本当に画期的です。

では、最後に実際に利用した人の口コミを見ていきましょう。

ABC マウスの口コミをチェック

「とにかく子どもがはまる」
保育園から帰ってくるなり「Can I do?」と聞いてくる、いつまでもやってしまうので時間制限を設けている、など子ども達がものすごくはまっているという声が多数聞かれます。
ゲーム感覚、というより、子どもにとっては完全にゲームで遊んでいる気分なのでしょうね。
でもその遊びの中で自然に英語力が身についてくる、ということ。
利用者の多くが、ABC マウスで遊ぶのが楽しい!が英語を好きになるきっかけになっていることを実感しているようです。

「英語を英語として理解できるようになる」
選択画面や戻るボタンなどのシステム上の部分は日本語表記されていますが、いざアクティビティを始めると中は英語オンリー。
それでも子どもはゲームの指示をキチンと理解して楽しめるようになるそう。
遊びの中で段階的に学んでいくことで、自然と英語脳が育っていくようです。
ネイティブの発音を聞くことで、親がびっくりするような綺麗な発音で英語を話すようになったという人もいるようです。

「ごほうびのチケットシステムが良い」
アクティビティを終わるごとにもらえるチケットはアプリの中で部屋の飾りつけを購入したり、ペットを飼うために使ったりと色々なことに使えるようです。
学習を続ける励みになるのはもちろんのこと、手に入れたチケットをすぐ使ってしまわずに貯めておいて欲しい物を買う、というようなお金を使う感覚を養うという面でも勉強になる、といった声もありました。

「続けやすい価格」
価格に関しては、他の大手家庭用英語教材と比べて明らかに安い、という意見が多かったです。
もちろん無料アプリやこれよりも安いシステムも中にはありますが、そういうものは大体作りがイマイチだったりすることが多いですよね。
ですが、こちらはしっかり専門家監修で体系的に学べる仕組みがありながら、リーズナブルな価格で提供されているので、そこはやはり魅力的ですよね。

「アウトプットはこれだけでは不足」
英単語や表現を覚えたり、リスニング力を育てるには非常に向いていますし、歌やフレーズを声に出すことで発音の面もそれなりには鍛えられるものの、これだけで英会話ができるようになるか、というとそこはさすがにちょっと違うようですね。
Rakuten ABC マウスはあくまでもインプットのためのもの、と位置づけ、スピーキング力を育てるいわゆるアウトプットの部分は別の方法で伸ばしている、という声が挙がっていました。
英会話教室も一つの方法ですが、今は格安のオンライン英会話システムも複数存在しますから、それらを利用して英語で話す機会を作ってあげてるとより効果的に英語力を身につけることができそうです。

ABC マウスの口コミ オンライン英語学習で楽しく学ぼう まとめ

以上をまとめると、Rakuten ABC マウスは

アメリカの幼児教育の専門家チームが開発したオンライン教材で、対象は3~8歳。5,000以上用意されたアクティビティの中で2,000以上の単語や表現を学ぶことができ、遊びながら自然に英語を身につけられるようになっている。


アート・パズル・歌・デジタルえほん・ゲーム・プリント教材という6つのアクティビティを楽しむことができる。それぞれに学習目標が設定されていて、総合的に英語力を伸ばせるようになっている。


価格は1年プランで1ヵ月あたり1,067円と大変リーズナブル。楽天のアカウントがあればすぐに始めることができ、楽天ポイントも使用できる。また、1アカウントで3ユーザーまで登録できるので、兄弟で使うこともできる。


子どもがはまって楽しんで続けられている、英語オンリーのアクティビティの中で自然と英語を英語で理解できる力がついてきた、ごほうびのチケットシステムがよい、続けやすい価格なのに中身がしっかりしている、などのよい口コミが多い一方で、アウトプットが不十分なのでスピーキング力を身につけさせたいと思うならば、別の教材等の併用が必要という声も聞かれた。

2020年より小学校の英語教育が大きく変わると言われていて、子ども達はより実践的な英語を身につける必要に迫られています。
そんな時代だからこそ、言語獲得に適した耳を持っているとも言われる幼児期から綺麗な英語にたくさん触れ、遊びの中で英語を身につけておくことはいずれきっと子ども達の大きな助けになるはずです。
アメリカでも定評のあるRakuten ABC マウスを使って本場の英語にたくさん触れさせてあげることは、英語力だけでなく子どもの考える力を総合的に伸ばすことにも繋がりそうです。
ちなみに我が子たちもホームページのサンプルを見ただけでもう既に「やってみたい!」と前のめり。
さっそく始めてみようと思っていますよ!

幼児英語教材!どんなものがおすすめなのか色々調べてみた

今やどんな仕事をするにも英語は必須になってきました。もちろん学校での英語教育も形を変えてきています。小学校でも英語教育が始まっていますし、2020年には高学年は教科書も使うようになります。評価もつくよ ...

続きを見る

よく読まれている記事

1

たくさんの幼児教材がありますが、我が子に適した幼児教材を探す場合、やはり長く続くものを、と考えますよね。 どんなに教育効果が高いと謳っていても、続かなければ意味がありません。 「うちの子飽きっぽいけど ...

2

幼児教材ってどんな種類のものがあるの? どの教材にすれば良いのかな? 出来るだけ安く済ませたいんだけど・・・ 以上のお悩みにお答えします^^ 結論としては全部資料請求するのもありだと思います。 でも  ...

3

子どもが生まれたら気になりだす子どもの教育費。 実は大学に必要とされるお金は年々増加傾向にあります。 例えば22年前、つまり現在40歳の方の現役入学時に469,200円だった国立大学の授業料は平成27 ...

4

日本初の子供専門オンライン英会話の詳細はこちら 2020年度の教育指導要領において、小学3年生から必修となる英語。5,6年生に至っては成績もつく立派な「教科」として扱われることが決定しています。  そ ...

5

 Z会のイメージといえば、受験ではないでしょうか。毎年1000人以上もの東大合格者を輩出している、と公式サイトでも大きく掲げられています。  教材は幼児教材から大学受験まで揃っており、幼児教材からスタ ...

-3歳~, 4歳~, 5歳~, 6歳~, 幼児タブレット教材, 幼児教材, 英語
-,

Copyright© わくわく幼児 , 2020 All Rights Reserved.