ABCマウスのレビュー 英語超初心者の子どもが1ヵ月続けた成果とは

子どもの英語教育が当たり前のようになりつつある今日この頃。
でもその流れにちょっと乗り切れていない方もまだまだいるのではないでしょうか?
何を隠そう小学校1年生を筆頭に3人の子どもを持つ私も、英語の早期教育にイマイチ乗り気でなかった一人です。
熱心に英会話教室通いに精を出すママ友を尻目に、「本人がやりたくないならまだいいや~」とあぐらをかいていたわけですが、どうも最近上の息子に私自身にも身に覚えのある英語アレルギーの気配を感じるようになってきたんです。
特に勧めたわけでもないのに「英語はわからないから絶対習わない!」と宣言してきたり、通信教材の中でちらっと出てきただけの「Good morningと言ってみよう」を頑なに拒否したり…。
英語=なんかこわいもの、のような図式が知らず知らずのうちに出来上がりつつあって非常にマズい!
そこで英語を習うまではいかなくても「英語=楽しいもの」と軌道修正する機会はないものかと考えて、あるオンライン学習教材を使い始めたんです。
それが、アメリカ発の英語学習アプリである「ABCマウス」。
コロナ禍の長期休みを利用して学習を開始して早1ヵ月、子ども達はほぼ毎日飽きもせず、タブレットの醜い奪い合いを繰り広げつつもABCマウスを楽しんでいます。
なぜ英語にほぼ無縁だった我が子達がそこまで英語教材にはまったのか、親の目線でみたABCマウスの良さ等を詳しくレビューしていきたいと思いますので、子どもの英語教育でお悩みの方は参考にしてみてくださいね。

 

ABCマウスとは?

ABCマウスは元々アメリカでネイティブの子ども達のためにつくられたデジタルコンテンツ。
NO.1人気の知育アプリとして知られており、日本では楽天が提供しています。
楽天IDで簡単にログインしてすぐにサービスを開始できる手軽さが魅力なのですが、中身はかなりの本格派!
ゲームや塗り絵、デジタル絵本、パズル、音楽など種類も豊富な5000以上の英語アクティビティを楽しむ中で自然に英語力を身につけることができます。
子どもは遊んでいるつもりでも、英語教育の専門家が組んだカリキュラムに沿ってしっかり学習を進めることができるというのが最大の特長ですね。
また、知育アプリとしての効果も大いに期待できる内容なので、英語だけでなく思考力や想像力、観察力なども同時に伸ばすことができるのも親としては嬉しいところです。

対象年齢は3歳~8歳となっていますが、レベルの設定が5段階で行えるようになっているので、あまり年齢は気にせずにお子さんの英語のレベルに合わせると良さそうです。
我が家の子どもたちはもちろんレベル1から!
挨拶や自己紹介など初歩の初歩から、という感じでしたが、レベル1の終盤に差し掛かった現在は「She has two red apples.」「You can speak English.」など結構本格的な文章を学ぶところまで来ていて、短期間の間にずいぶん進んだなぁという印象ですよ。

ではそんなABCマウスの料金体系はどのようになっているのでしょうか?

ABCマウスのお得な料金設定

ABCマウスが続けやすい理由は、どんな子どもも飽きさせない充実したコンテンツだけではなく、そんな完成度の高さにも関わらず料金設定が大変リーズナブルなところにもあります。
月額1,780円となっていますが、1年プランを選択すると1ヵ月あたり1,067円まで下がるのでとってもお得!
しかも1アカウントで3ユーザーまで登録できるというありがたいシステムなんです。
子どもが3人いる我が家としては本当に嬉しすぎます。
さらに最初の1ヵ月間は無料なので、我が家はその期間で見極めるつもりでとりあえず1年プランを選択しました。

でも一番お得なのは実はこの選択ではなさそうなんです…。
2020年6月14日現在、20パーセントOFFクーポン(1年プランで2,400円OFF)が出ているので、楽天市場を通して申し込むのが最も安いパターンのようです。
本当は私も無料体験期間の間に一旦解約した上で、このクーポンを利用して改めて申し込もうと思っていました。
ですがこの1ヵ月間、子ども達が予想だにしなかった真面目さで毎日毎日取り組んだ結果カリキュラムがかなり進んでしまい、解約することで今更これを無かったことにはとてもできないな…という結論に至ったわけで…。
安さを追求するのであれば、無料体験は早々に切り上げて改めてクーポンを利用して申し込むのが最安値となると思われますので、これから申込予定の方は参考にしてくださいね。

なお、口コミブログ等でよく出ている、「解約手続きを進めていくと、より低額なプランの提示がある」という情報について。
私も無料期間終了直前に一応やってみましたが、現在はそういった案内は一切出てこず!!
ちょっと期待していたので残念ではありましたが、既にめちゃくちゃ安く英語学習ができていて満足しているので、このまま継続利用していくつもりです。

ここからはABCマウスを実際に使ってみて良かったポイントを具体的に見ていきますよー。

ABCマウスのポイント①クラスの一員になった気分で学べる

各アクティビティから好きなものを選択して楽しむことももちろんできるのですが、私がおススメするのは最適な順番で一つずつ学んでいける「My Learning Pass」です。
英語が得意な子もあまり話せない子も色々集まった英会話クラスで先生のMiss.Jonesから色々なことを学んでいく、という設定のこちらのセクション。
クラスの一場面を描いたアニメを見た後、それと同じテーマの塗り絵やゲーム、クイズといったアクティビティが順に続いていきます。
手を変え品を変え同じ内容を繰り返し学習するので、自然とその内容が身に付く仕掛けになっているわけです。
その流れは正にクラスの一員として一つ一つ学んでいっている感じ。
4歳娘などはすっかりその気になって、クラスのアニメが流れる時は一緒になって「Hello! Miss.Jones!」と叫んでいますよ~。
恥ずかしがり屋な性格のせいで英会話教室はハードルが高すぎるので、バーチャルでも教室気分を楽しめるというのはとてもいいなと思っています。

最初はパズル、塗り絵、動物園といったそれぞれの好きなアクティビティばかりに取り組んでいた我が家の子ども達。
確かに公式ではそういう使い方もOK、としていますが、私としては英語を段階的にバランス良く学べるとはいえないな…と感じてしまいました。
そこで「My Learning Pass」をやった方が「プレゼントもらえるしチケットも早く貯まるよ~」と伝えたところ、皆そちらをメインでやるように。
パズルや塗り絵は「My Learning Pass」の中にも出てきますし、今では動物園に行ったりペットの世話をしたりは気分転換にやっているようです。

ABCマウスのポイント②ごほうび機能が秀逸

我が家の子ども達がはまった最大の理由が、アクティビティを1つ終わらせる度にチケットがもらえるごほうび機能です。
このチケットは貯めていくと色々なことに使えるんです。
自分のアバターの衣装を変えたり、部屋の模様替えをしたり、ペットやおもちゃを買ったり…。
買ったペットはちゃんとお世話もしますよ!
我が家の場合、「魅力的なアクティビティ」だけではおそらく途中で飽きてやめてしまっていたと思います。
このごほうび機能を使いたいから、必死にアクティビティをこなす!
そしてこなすうちにちょっとずつ英語も聞けるようになったり発音できるようになってきたぞ…という循環が起きているんですね。
あんなに嫌がっていた英語を発音する行為もずいぶん積極的にトライするようになってきていて、英語の勉強って面白いんだな、という刷り込みがうまく行きつつあることを実感しています。

(Furniture Shopでお買い物)

そしてこれは英語とは直接関係ないのですが、お金を使う疑似体験になっているところも個人的には気に入っています。
まだ自分のお金を貯めたり使ったり、という経験がほぼない我が家の子ども達にとっては、これが初めての経験。
チケットを頻繁に使うとすぐ0枚になっちゃう、高価で素敵なアイテムを手に入れるためには我慢が必要なんだな、といったことを自然に学んでいます。
3人それぞれのお金(チケット)の使い方がだんだん見えてきて、そこもまた面白いですよ~。

ABCマウスのポイントその③英語が身近な存在に

毎日続けたくなってしまうABCマウスの魅力(魔力?)のお陰で、今までは遠い存在だった英語が一気に身近な存在になってきたなと感じています。
小さいうちは英語をたくさん耳にすることが大切だというのはよく言われることですが、実際に毎日英語に触れるのは親主導だとなかなか辛いものがあると思うんです。
でもABCマウスなら親が声をかけなくても勝手に毎日やってくれる、つまり毎日英語の勉強をしてくれるのが素晴らしい!
1回あたりは短い時間だったとしても、きょうだいの分も合わせるとそれなりの時間英語が流れているわけで、そのいい影響は確実に出てきていますよ。
最近では、ABCマウスをやっていない時にも身近なカタカナ言葉をやたら綺麗な発音で言ってみたり、短めのフレーズを覚えて言ってみたりという様子も見られます。

そして何より英語が楽しいと思っている様子が親としては一番嬉しいです。
今すぐに英語がペラペラと話せるようにはならなくても、耳が英語に慣れることと英語を楽しいものと認識することができれば、いつか本格的に英語を学ぶ日が来た時に必ず役に立つと思っています。

そんなわけで大変親子共に大変気に入っているABCマウスなのですが、もちろん気になるところも…。
最後にABCマウスに対する不満について挙げてみたいと思います。

ABCマウスの気に入らないところ

時間管理があいまい…?
15分ごとに制限時間をあらかじめ設定しできて、3人の子どもが入れ替わり立ち代わり使う我が家にとってはありがたいと思った時間管理の機能。
ところが、この機能がどうも緩い…というか1ヵ月経った今もあまり使いこなせていません。
公式では一回あたり30分~1時間をお勧めしているようですが、それだと待ち時間が長すぎて3番目の人が発狂してしまうので、我が家の一人の持ち時間は15分。
ピシッと15分で終わりですよのアナウンスが表示される時もあるのですが、いつまで経っても終わらない時もあるんです…。
当然、子どもはなんか長いなーと思いつつも調子に乗って続けて、待っている人間はイライラ…。
原因が分からずとりあえずここまで来てしまったのですが、今後も続くようならキャッシュの削除や再ダウンロード等の策を講じてみるつもりです。

絵本の音声機能はついていない本もある
公式でもウリにしているデジタル絵本、確かに冊数はとても多くジャンルも多岐に渡ります。
ですが、肝心の読み上げ機能はついている本とついていない本があります。
子どもが読みたい!と思った本に限って読み上げ機能がついていないとかなりガッカリするんですよね。
それを避けるべく、「Categories」の中から「Read To Me」という項目を選択し、読み上げ機能付きの本を検索するようにしています。
いつか全ての絵本に読み上げ機能がついてくれると本当にありがたいです。
特に我が家の男子チームが好きなナショナルジオグラフィックの子ども版!
仕方なく母のつたない発音で読んでいる状態で…運営の皆さま、何とかならないでしょうか~?

システムが重い
これは色々な口コミでも見られる感想なので、我が家の安物タブレットのせいというだけではないはず…。
音声が途切れたり、画面の切り替わりに時間がかかったり、デジタル絵本の終了後にフリーズしたり、といったことが割と頻繁に起こります。
その度にギャーギャー騒がれて親が召喚されるので、親の手を借りずに勝手に学んでくれるシステムのはずなのになぁとモヤモヤしています。
今後、少しずつ改善されることを期待したいですね。

熱中しすぎて終了時に泣く
これは我が家だけかもしれませんが、ABCマウスのコンテンツが面白すぎるせいでほぼ毎回自分の持ち時間が終わるとギャン泣きします…(上の写真がまさにその瞬間ですね)。
「まだ途中だった-!」「あと一個やったらプレゼントもらえたのにぃー!」「まだライオン(ペット)の世話してないぃぃー!」など、理由は様々なのですが。
3人で1つのタブレットを使っていることもあり、我が家の持ち時間は一人15分。
確かに時間が短すぎることも荒れ狂う原因の一つかもしれません。
でも、終わり方がちょっと無機質なのも影響していると思っていて…。
突然、親向けのメッセージが出るんですよね~。
一応画面の端っこには残り時間を示すアイコンがひっそりと存在しているのですが、子ども達がそこをチェックしている気配はなく、どうしてもいきなり終わってしまった感が強いんです。
我が家と同じようにお子さんが没頭してしまいそうでしたら、予めこのアイコンのチェックをするよう教え込んだり、余裕があれば親が「あと3分だよー」のようなアナウンスをしたりすることをおすすめします。

ABCマウスのレビューまとめ

・ABCマウスはアメリカで開発された3~8歳対象の英語学習アプリで、種類も豊富な5000以上のアクティビティで構成されている。日本では楽天が運営していて、楽天IDですぐに始めることができる。

・1年プランだと月額1,067円とかなりお得で、1アカウントで3ユーザーまで登録できる。1ヵ月の無料体験期間もあり。楽天市場ではさらにお安くなるクーポンが出ていることも。

・英会話クラスに参加しているつもりになって段階的に学習を進められる「My Learning Pass」がおすすめ。形を変えながら同じ内容を何度も学習することで、内容が定着するしかけになっている。

・アクティビティを終える度にもらえるチケットで様々なごほうびアクティビティを楽しめることがABCマウスを継続する大きなモチベーションになる。

・毎日続けたくなる魅力的な内容のお陰で、英語が身近な存在になる。耳が慣れてきて綺麗な発音で英単語を口にしたり、英語を楽しいものだと思えるようになる。

・時間制限の機能の動きがあいまい、音声機能がついていない絵本がある、システムが重い、熱中しすぎて終わる時に泣く、という不満もあり。

ABCマウスを1ヵ月続けてみて、子どもたちの中に生まれつつあった英語に対するマイナスイメージがすっかりなくなって、英会話クラスに参加している気分で楽しく、でも確実に英語が身についていることを実感しています。
耳の良さ、発音の良さやは低年齢ならではのものだとも思うので、びっくりするくらい上手な発音を聞くたびに今始めてみて良かったのかも、と思わずにはいられません。
そして英語を聞くこと、自分でも話してみることを楽しいと思えるようになってきたのがやはり最大の成果だと思っています。
この「楽しい」がいつか実を結ぶことを期待しつつ、これからもABCマウスでの学習を続けていけるようにサポートしていくつもりです。
気軽に始められるシステムになっているので、お子さんに英語に親しんでもらいたいとお考えの方はぜひ一度試してみるといいですよ!

\ネイティブが選ぶこども向け英語学習教材/

 

よく読まれている記事

1

たくさんの幼児教材がありますが、我が子に適した幼児教材を探す場合、やはり長く続くものを、と考えますよね。 どんなに教育効果が高いと謳っていても、続かなければ意味がありません。 「うちの子飽きっぽいけど ...

2

幼児教材ってどんな種類のものがあるの? どの教材にすれば良いのかな? 出来るだけ安く済ませたいんだけど・・・ 以上のお悩みにお答えします^^ 結論としては全部資料請求するのもありだと思います。 でも  ...

3

子どもが生まれたら気になりだす子どもの教育費。 実は大学に必要とされるお金は年々増加傾向にあります。 例えば22年前、つまり現在40歳の方の現役入学時に469,200円だった国立大学の授業料は平成27 ...

4

日本初の子供専門オンライン英会話の詳細はこちら 2020年度の教育指導要領において、小学3年生から必修となる英語。5,6年生に至っては成績もつく立派な「教科」として扱われることが決定しています。  そ ...

5

 Z会のイメージといえば、受験ではないでしょうか。毎年1000人以上もの東大合格者を輩出している、と公式サイトでも大きく掲げられています。  教材は幼児教材から大学受験まで揃っており、幼児教材からスタ ...

-3歳~, 4歳~, 5歳~, 6歳~, アプリ, 英語

Copyright© わくわく幼児 , 2020 All Rights Reserved.