1

「幼児教育」と聞くとまず何をお勉強させようかと思いますか?まず日本語である国語は、日常生活である程度は自然と会得しますね。では算数?道徳?と様々な教養を幼い内から身につけさせてあげたいと思う親御さんは多いでしょう。

中でも将来的にはかなり重要になるかもしれない教養「外国語」特に「英語」!!これらは今後の社会でかなり必要になると踏み、吸収の早い幼少期に会得させよう…思う人も少なく無いでしょう?

 

しかし、「英語」は国語等と違い日常生活で自然と会得というのは難しいでしょう。では、英語スクールに通わせる?英語の教材を与える??

しっかりと会得させてあげられる教育はどういう物なのでしょうか?それらを見ていきましょう!!

 

早い方が良い?英語教育を始める際の注意点

2

先にも述べたように幼少期の何でも吸収する時期に「英語」という将来的に使う可能性が高い教養を学ぶのは良い事だと思います。しかし早期の英語の教育には多々の問題点があるようです。

英語教育について考えてみる前にそちらを頭に入れておきましょう。

 

吸収の良い幼児期の場合、綺麗で正確な発音の英語もすぐに会得することが可能です。英語に限らず外国語はその言葉の意味を理解する事も大事ですが、それを相手に伝える技術である「会話」が必要になります。幼い内から正確な発音を会得することによって相手に伝える術が出来ます。

好奇心が強い子でしたら普段と違う言葉を自ら進んで会得していくでしょう。

 

ですが、なんでも吸収する時期に日本語と英語を同時に覚えていく事になってしまったら…英語と日本語が混ざり、最悪どちらも中途半端な会得をしてしまうという事になるかもしれません。

 

そして、忘れてはいけない事があります。幼児期に英語を会得させるという事を決めるのは、大抵の場合、子供本人の意思ではなく、親や周囲の大人達という事です。

幼児にだって向き不向きがあります。ここで親や周囲の大人が「英語の会得」という事に躍起になり無理強いしてしまったら…その子は英語を嫌いになります。
これを言ってしまうとおしまいですが。確かに英語会得は将来の為に必要なスキルになってきています。ですが、日本の母国語は日本語なので日常生活で英語を頻繁に使う機会は少ないです。

お子さんの適正や向き不向きも考慮して英語教育を考えていく必要はありますね。

 

英語スクールは週何回?レッスンを生かすのに大事なモノは?

3

 さて、英語教育をする場合教材を使用してお勉強をする…という勉強方法も良いです。ですが、子供によっては教材を使っての自主勉強のような方法には興味を示さない…という場合もあります。私も子供のころ通信教育系のゼミをやっていましたがあまりやる気にはなれませんでした。

ここも向き、不向きが見えてくるものだと思います。

 

そこで良いのが英語スクールのような塾ですね。学生になってからの勉強用途の塾というよりは英語で遊ぶというようなスタンスでしょうし、同年齢の子と一緒に遊ぶという経験も得られます、英語スクールに通うのが楽しい!!と思う子も出てくるのではないかと思います。

 

その英語スクールですが週に何回通わせればよいのでしょう?お子さんが楽しいと行って行きたいというならば増やしても良いと思いますが…月謝も馬鹿になりません。

週1のレッスンでは通わせる意味が無い…なんて思っていませんか?いえいえ…その週1のレッスンをどう生かすかが大事になっていきます。

 

英語を学ぶのは子供です。子供が英語スクールで学んだ事が楽しいと思って帰宅してくるのならば、それだけで効果があります。

楽しんで学んだ英語や単語をそこ子供は帰宅後も使いたがると思います。一緒にその英語遊びをしてあげて復習してあげる…ゲーム感覚で家具や食べ物を英単語で当てるゲームをして遊べば子供は親やスクールの友達と一緒に遊んだ楽しいモノと思い、英語を好きになると思います。

 

子供はお歌を歌うのが好きな子が多いと聞きました。では一緒に英語のお歌を歌うというのも効果的だと思います。

 

子供が英語スクールで学んできた事を生かしてあげられる環境作りをしてあげる事が出来れば英語スクールへ通うのは週1でも十分じゃないかと思います。

 

 

教養はもちろん大事!!でもそれだけでは無い事を忘れない為に

英語等、将来の為を考えれば教養はもちろん大事です。ですが「教養を身に付けた賢い子供」である他に幼児期には学ばなければならない事は沢山あります。

 

同年代の友達と遊んだりお話をしたりするコミュニケーションだったり、相手の気持ちを考える道徳だったり…沢山あります。

確かに早い段階で成長してからの会得が難しい英語を学ばせるのは良い事です。ですが、教養を身につける事ばかりに頭を行ってしまい他の大事な体験を疎かにしてしまっては意味がありません。これは英語教育だけに限りませんが…

 

お子さんが心身共に健やかに育つように、お勉強はもちろん色んな場面でお子さんと楽しく、時に厳しく学んでいけるようにして下さいね。

 

幼児教育を始めよう!!英語の学習でより効果がある方法は??まとめ

・確かに早期の英語教育は良い事も多いですが落とし穴も多い

・英語と同時に日本語も会得する事になるので混合してしまい、結果どちらも中途半端な会得をしてしまう可能性もある

・幼児が英語を学ぶというのは多くは本人の意思ではなく周囲の大人という事を忘れずに

英語スクールで学んだ事は親御さんが生かしてあげる環境作りも大事

・教養も大事だけど他にも大事な事は多い

…以上です。

 

幼少期は意外と学ぶ事が多いです。教養以外もしっかりと学ばせるのが大事です。ですが教養だって少期に学ぶ大事な事の一つなので、どれも疎かにしないで学んでいけば結果的には今後も健やかに成長してくれるのでは?と思っております。

NHK教育「えいごであそぼ」の幼児英語教材

関連記事:

幼児教材ランキング!!今一番人気のある幼児通信教育教材は何?

教育資金は子供の進路で変わっていく?いくら貯めるのが良い?

家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

こちらの記事も読まれています