育児

トラブル急増中!? 赤ちゃんがうるさくて苦情

更新日:

騒音トラブルといえば、テレビ、ラジオ、掃除機、洗濯機、楽器などいろいろありますが、最近は赤ちゃんがうるさいという苦情もかなりあるようです。

確かに、うるさいのは仕方ない。赤ちゃんだから。泣くのが仕事だから。

でも、苦情にもいろいろ理由があるようです。

今回は、赤ちゃんがうるさくて苦情を言いたい、言われたについて、お答えしていきましょう。

 

 

出生率の低下でも苦情は増加

 

近年、出生率の低下が大きなニュースになってます。

国もこれに対して沢山の対策を取っていますね。

保育園の補助、児童手当、高校の無償化など、たくさんの試みをして出生率をあげようとしてはいますが、出生率の低下は止まらないようです。

出生率の低下ということは、赤ちゃんが周りにいるのが少なくなってきているということです。

しかし、赤ちゃんがうるさいという苦情は急増してます。

最悪の場合には、事件にもなってしまうほどまでになっています。

では、どんな事例があるかみてみましょう!

 

 

トラブルの事例

自宅にて
赤ちゃんの泣き声が昼夜になってしまうと、どんなにいい隣人でも少しならずと嫌になってしまうのは当たり前。それが、夏の季節、窓を開けた状態だと大変な事になりますよね。

下手をすると近所中に響き渡ることもあるでしょう。

どうしたらいいか、悩んでしまうママも多いのではないでしょうか。

しかし、悩んでもどうしようもありません。

そん時は。。。

日頃から、ご近所さんと小まめにコミュニケーションをとることが大切です!

まずは、挨拶です。

「こんにちは」「暑いですね〜」

ほんの少しだけのコミュニケーションだけでも、相手に好意的な印象を残します。

もし赤ちゃんが泣いていたとしても、「あの赤ちゃんかな」「赤ちゃんだから仕方ない」「ママも大変だ」など、同情的な気持ちになってくれるはずです。

反対に、挨拶もない、コミュニケーションもないと、「うるさいな」「静かにしてよね」「あのお母さん大丈夫なのか」など、否定的になり、印象は悪くなります。

日頃からできることをすることが大切ということですね!

 

◎レストランにて
最近、赤ちゃん連れのママへの苦情がレストランなどでとても多いようです。

例えば、普通の席に赤ちゃんがくると、遅かれ早かれ泣きます。

机の上のものはグチャグチャにされます。

赤ちゃんにとっては当たり前でも、周りにいるお客さんや店員さんはいい気持ちはしません。

こんな時は、個室にすることをオススメします。

 

今は、普通のレストランやカフェでも個室があるところが多いと聞きます。

事前に個室があるところを調べて行くことをオススメします。

※1番良いと言われているのが、カラオケです。

必然的に個室で、ドリンク、フードなどがあります。

歌わなくても、あの空間なら苦情はないでしょう。

ホームページでは「小さいお子様歓迎」とあるところが、最近多いですよ!

 

 

まとめ

昨今の核家族化、生涯未婚率の増加、離婚の増加など、現代社会の中で、赤ちゃんがうるさいからの苦情が増えるのも、必然と言えるかもしれませんね。

ひと昔みたいに、赤ちゃん=可愛いと必ず言えるわけでもないのが、なんだか寂しくも感じます。

しかし、普段からできる近隣の方とのコミュニケーションや、外でも赤ちゃんが過ごしやすい所を探すことで、赤ちゃんへの苦情は最小限に抑えることも出来ます!

赤ちゃんのためだけではなく、自分のためにも今一度、周りの方に目を配るのもいいかもしれませんね!

人気記事

1

幼児教材といえば〜 突然やってくる訪問販売の幼児教材や、本屋さんに売っている幼児月刊誌、 それから昔は学研の配達幼児月刊誌なんてのもありましたが... 今は、通信教材が主流で人気ですね〜。 まあ、よく ...

2

今やどんな仕事をするにも英語は必須になってきました。もちろん学校での英語教育も形を変えてきています。小学校でも英語教育が始まっていますし、2020年には高学年は教科書も使うようになります。評価もつくよ ...

3

子供の成長は親の喜びです。子供の笑顔は何よりも嬉しいものです。楽しく声を上げて笑って成長していく姿に日々感動しますよね。でも不安もあるでしょう。可愛いと想うだけでは子供は育てられないですものね。子供が ...

4

2020年からプログラミング教育が始まるということで、それに先駆けプログラミングを遊びながら学べるおもちゃが多数出てきています。出ていたというか、注目されるようになったというか、どちらにせよ目にとまる ...

5

先日新聞で2020年の指導要領の改定についての記事が出ていました。 色々書いてありましたが、その中でも注目をされているのが「プログラミング教育」でしょう。 とはいえ、年長さんや小学生に難しいプログラミ ...

-育児
-

Copyright© Our future|幼児教育、育児 ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.