近年、加熱しつつある英語学習の前倒し。

その裏には2020年の抜本的な英語教育改革があることを、皆さんはすでにご存じでしょう。

 

2020年、公立小学校の3年生から英語のコミュニケーション活動の導入

さらに5年生からは正式な「科目」として、通知表の評価対象となります。

 

アジア各国や中南米では、幼稚園や小学校入学と同時に英語学習がスタートする国がほとんどですから、

日本のこの「前倒し改革」でも遅いぐらいだと私は思っています。

 

将来、「英語が使えるのが大前提」の社会に船出する子供たちに、今できることは何でしょうか?

できることは、何でもしてやりたいですよね。

 

今回は、そんな先を見越した保護者の方に、インターネット通信教育キッズスターイングリッシュ」をご紹介していきます!

 

育てたいのは「○○○英語力」

「子供に英語を習わせたい」

と思われている保護者の皆さんは、どうしてそう思っているのでしょうか?

また、どの様な英語力を身につけさせたいとお考えでしょうか?

 

先にも述べたように、英語教育改革がそこまで迫っているから…という人もいるでしょう。

「小さいうちから英語を喋れるとかっこいいから」という考えの方もいらっしゃるでしょう。

海外に行っても、ある程度コミュニケーションがとれるような力をつけたい…と思っている方もいるかもしれません。

 

いずれにしても、親御さんが期待しているのは「使える英語力」ですよね。

 

キッズスターイングリッシュ」では、まさにこの「使える英語力」を目指しています。

これは長年、日本人が苦手としてきた力です。

 

日本の英語教育は、大学入試を目標に置いて、そこから下降方式で指導目標が設定されているため、「入試がゴール」という形になっています。

ですから、英語4技能のうちReadingとWritingはそこそこできるものの、ListeningとSpeakingは苦手な日本人が多いのです。

文法先行で指導を進めた結果、海外に行っても通用しない英語力しかつかない…という大きな弊害が残りました。

 

そこを崩しにかかるため、同社の講師陣は色んな手を尽くしてくれます。

最も期待できるのは、どんな小さな子でも、会話をするときはできるだけフルセンテンスで答えさせようとすることです。

 

例えば

“What’s this?”

という質問に

“Apple.”

と答えた場合は、きちんと

“It’s an apple.”

と答えるように促してくれるのです。

 

この傾向は、優秀な英会話教室に多くみられる特徴です。

子供だからといって手を抜くのではなく、押さえるべきところは押さえる。

楽しむところは楽しむ。

このメリハリで、保護者の安心感も、子供の「英語って楽しい!」という気持ちも、両方育てていくのですね。

英語が楽しいから、子供はのめりこむ。そして楽しいから続けられる。

その先には、確実に積み上げられた「使える英語力」が待ち受けているのです。

 

子供専門だから安心!ネイティヴスピーカーのレッスン

皆さんは、ネイティヴスピーカーの英語を聞きながら育った日本人の子供が、どの様な発音で英語を話すか聞いたことがありますか?

私は、英語を教える教育機関で仕事をしていますので、職業柄そういった子供たちの発音を聞くことがよくあります。

 

それは本当に、驚くほど見事な発音です。

 

ある研究データでは、ノンネイティヴ(英語圏外、英語以外を母国語とする人々)が英語を話す場合、ネイティヴスピーカーと同じような美しい発音で話せる人は、全世界で3%しかいない…と報告されています。

 

皆さんもTVなどで、アジア系アメリカ人や、アジア系イギリス人が英語を話すのを聞く機会があるでしょう?

そんな時、「あ、やっぱり純粋なネイティヴとはちょっと違うな…」なんて感じたりしませんか?

 

それが、幼少期にネイティヴスピーカーの英語で耳を慣らし、口を慣らしている子供たちは、ほぼネイティヴに近い発音で話すのです。

美しい英語に、思わず聞き惚れてしまいそうになります。

 

キッズスターイングリッシュ」の講師陣は、登録している30名全員がフィリピン人。

スカイプを利用して、フィリピンのセブ島のオフィスとご家庭を中継。

直接、ネイティヴの先生と対話しながらレッスンを受けられます。

子供専門の通信教育ですから、講師はしっかりと研修を受け、どんな子供たちも守備範囲におさめてしまう頼もしい人ばかり

 

子育て経験者の皆さんではればご承知の通り、小さな子どもと対峙するには、根気が必要です。

ことさら、お金を払ってもらって物事を教えるわけですから、根気の上に「結果・効果」も求められる、難しいポジションです。

 

難しいことがわかっていながら、あえて「子供専門」としている「キッズスターイングリッシュ

受講している子供たちの保護者からは、いろんな「声」があがっています。

その一部をご紹介しましょう。

 

子供の気分にむらがあり、ぐずっていても先生はハイテンションをキープ。いつもご機嫌な先生に、子供はすっかりなついています。

明るく、ハキハキした先生が多いです。恥ずかしがり屋の息子も、楽しそうにレッスンを受けています。

楽しくて、25分間のレッスンがあっという間です。

子供がいつも楽しみにしています。

時間は短いですが、1対1なので内容の濃いレッスンが受けられます。

ときどき日本語を交えながら、分かりやすく楽しくレッスンしてくれます。

 

どの「声」からも、「子供が楽しんで受講できる」ということがよくわかりますよね。

子供専門だからこその安心感です。

しっかり研修を受けた講師陣に任せて、楽しく英語が身に付くなんて、本当に素晴らしい通信教育です。

 

保護者も安心☆日本人スタッフによるサポート

講師が全てフィリピン人、スカイプで現地オフィスと中継を結んで…なんて聞くと、ちょっと抵抗のある人もいるかもしれません。

「私、英語だめなんですけど、手続きは大丈夫?」

「料金体系とか、レッスン内容の説明とか、ちゃんと日本語で受けられる?」

なんて不安が出てくるかもしれません。

 

でも、大丈夫。

同社では、日本人スタッフが、受講までの流れをしっかりサポートしてくれます。

必要な機材(PCと通話に必要なヘッドセット、ウェブカメラがあれば、その他特別な機材は不要です)や、予約の取り方、レッスン内容に対する不安や、講師に対する要望…その他もろもろ、日本人が対応してくれるのです。

 

これだけのサポート体制で、受講料がなんと月々2,980円~

コースによって金額は異なりますが、通塾型と比較すると破格の安さです。

KidsStarEnglish

 

前倒し教育の先に見えてくるもの

こうして、子供たちが英語力を付けていくと、その先には何が待ち受けているのでしょうか?

冒頭でも触れたように、近隣アジア諸国や、中南米では幼稚園や小学校低学年から英語学習がスタートしています。

 

皆さんは、調べ物をするときに、インターネットを利用することが多いですよね。

皆さんが調べる時は、何語でしらべますか?

もちろん、日本語ですよね。

 

日本語で調べてヒットする案件は、やはり日本語で書かれています。

日本語で書かれている内容は、日本人が読むこと前提で書かれていますから、少し偏った内容だったりします。

 

ところが、同じ案件でも、英語で調べたらヒット件数がケタ違いなんです。

しかも、英語で書かれている記事は、全世界の人が見ること前提で書かれていますから、情報に偏りも少ないですし、何より詳しく書いてあります。

一度、試しにチャレンジしてみてください。

ヒット件数が3ケタも4ケタも違うんです。

「英語ができること」の価値を、実感できる瞬間です。

 

子供たちが将来、偏りのない情報を得て、広く世界の人々と渡り歩く為に、今の英語教育は非常に重要です。

その英語教育を、楽しく、毎回新鮮な気持ちで受講できる「キッズスターイングリッシュ」は、子供たちの前途を大きく広げてくれる頼もしい存在に他なりません。

 

興味のある方は、ぜひ、公式ホームページをのぞいてみてくださいね。

受講前提になりますが、無料体験レッスンも有ります。

 

子供たちの将来を明るく拓けたものにするために、私たち親が出来ることを、同社はきっと、助けてくれますよ。

 

↓キッズスター★イングリッシュ公式ホームページ

KidsStarEnglish

家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

保育士・幼稚園教諭の転職なら「保育のお仕事」

こちらの記事も読まれています