4歳~ 5歳~ 6歳~ 幼児教材 英語

英語教材ポピーKids Englishはどんな教材なの? その特徴を調べてみた。

更新日:

2020年度からいよいよ小学校での英語教育が本格的に始まります。

現在5~6年生がやっている英語活動が、3~4年生から始まり、

5~6年生の英語は成績がつく教科になります。

これから小学校へ上がるお子さんがいると「英語教育」気になりますね。

そこで今日は、通信教育月刊ポピーの英語教材ポピーKids Englishを紹介します。

ポピー英語教材は、小学校からの英語教育準備としてどうなのか、調べてみました。

お子さんの英語教材を検討中のあなた、今日の記事も検討の材料にしてみてくださいね。

英語教材ポピーKids Englishの内容を紹介!

ポピーKids Englishは、英語の音声ペンポピペンを主な教材として、楽しく英語に触れる教材です。

どんな教材があるのか見てみましょう。

1.ポピペンBook

ポピペン(音声ペン)で、絵や文字をタッチすると、その英語や表現の音声が出ます。

ポピペンは、小さなお子さんでも持ちやすい大きさで、上部がスピーカーになっているうえに録音機能までついている優れものなんです。

とってもかわいいポピペンなので、子どもたちも楽しく勉強できそうですね。

ポピペンBookには、日常生活を題材にした楽しいストーリーの場面の中で、身近な単語や表現を学ぶことができます。

お話のコーナーだけでなく、迷路や間違い探しなどのドリルページでは、子どもたちが飽きないように様々な工夫が仕掛けてありました。

ゲーム感覚で楽しそうですよ。

お話のページもドリルのページも、画像をポピペンでタッチすると英語の音声が出ますので、自然と英語に触れることができます。

2.おはなしBook

「3匹のこぶた」などのおなじみのお話が英語の絵本冊子となっている教材です。

CDでお話を朗読していますが、英語だけでなく日本語も聞けるようになっています。

ですので、日本語朗読を聞きながら英語の絵本を見ることで、英語がわからなくても『なんとなく』理解していけます。

『なんとなく』理解するというのは、案外英会話上達の近道なんですよね。

英語を日本語にして理解するのではなく、英語を感覚で理解できるというのは、英会話を勉強する人によっては、一つの理想です。

そんな環境を小さなころから作れるのは、とてもうらやましいですね。

このほかにもテーブルゲームやいろいろな英語が楽しめるポスターなどが随時届けられます。

教材はすべてポピペン対応ですので、毎月楽しく英語に触れることができます。

「ポピーKids English」は、年中から小学校3年生までのお子さんに合わせて3レベル用意されています。

レベル1:年中~小1

レベル2:年長~小2

レベル3:小1~小3

これで、英語を学習したことのない人もある程度英語に慣れている人も自分のレベルにあった教材で学べますね。

また、ポピーの教材には、DVDが付いていないのですが、とっても楽しい音声ペンがありますので、より英語の音に集中できそうですよ

映像が無いことがかえっていいのではないでしょうか。

こんなに楽しそうな教材、気になる値段ですが・・・、

「ポピーKids English」の価格は、月額1,680円です。

初回のみポピペン3,300円が別途必要ですが、それにしてもお安いですね。

幼児の英語教材って高いんですよね、だいたい( ;∀;)

ここまで、教材についてお話しましたが、まだ納得できない人もいらっしゃることでしょう。

では「ポピーKids English」の評判をチェックしてみましょう。

↓ポピーKids Englishの資料請求やご入会はこちらから
家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

英語教材ポピーKids Englishをお試しした人の感想、評判は?

「ポピーKids English」は、2019年の4月の発刊です。

今回は、お試しモニターをされた人の感想を聞いてみましょう。

@文字が読めない小さな子でも絵を見てポピペンでタッチすることで自然に英語に触れられるところがいいと感じました。

@各ページの右上にある「やりかたをきく」をタッチすると説明してくれるので、親が付いていなくても取り組めるところがあり難い

@個の教材なら遊び感覚で「英語耳」を育てられそう

@小学校の授業の先取りができそう

DVDがなくて、CDとテキストが中心の教材なので、机に向かう習慣も付きそうで助かる

@これだけの教材でこの値段は手ごろでうれしい

@英語を聞く方が中心なので、英会話の教材としては弱い

@教材の量としては少ないように思う

などなど、おおむね高評価のようですね。

ただ、教材のボリュームは確かにあまり多いほうではありません。

本格的に英語を学ぶためというより、英語の触れて慣れるための教材、小学校での英語教育のための準備学習という感じの教材だと感じました。

でも、ボリュームがそれ程なければ、英語を初めて学ぶ人に取っては、取り組みやすいという点でひとつのメリットとも言えますね。

さて、あなたはどう考えますか?

↓ポピーKids Englishの資料請求やご入会はこちらから
家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

英語教材ポピーKids Englishはどんな教材なの? その特徴を調べてみた。まとめ

きょうは、新しい英語教材「ポピーKids Englishを紹介しました。

ポピペンという音声ペンによる楽しい英語とのふれあい、ゲームや身近なお話を聞く中で、自然に英語を覚えてくれれば、これからの英語教育の中でも英語嫌いになることはないかもしれません。

子どもたちの好奇心を刺激しながら、新しい学びをするという理想的な教材かもしれません。

私なら一緒に遊んでしまいそうですね。

大人用のポピペンはないのかな?

なんてけっこう本気で考えてしまいました。

私が小さなころにこんな教材があれば、今頃は英語ペラペラになっていたかも・・・!

↓ポピーKids Englishの資料請求やご入会はこちらから
家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

人気記事

1

幼児教材といえば〜 突然やってくる訪問販売の幼児教材や、本屋さんに売っている幼児月刊誌、 それから昔は学研の配達幼児月刊誌なんてのもありましたが... 今は、通信教材が主流で人気ですね〜。 まあ、よく ...

2

今やどんな仕事をするにも英語は必須になってきました。もちろん学校での英語教育も形を変えてきています。小学校でも英語教育が始まっていますし、2020年には高学年は教科書も使うようになります。評価もつくよ ...

3

子供の成長は親の喜びです。子供の笑顔は何よりも嬉しいものです。楽しく声を上げて笑って成長していく姿に日々感動しますよね。でも不安もあるでしょう。可愛いと想うだけでは子供は育てられないですものね。子供が ...

4

2020年からプログラミング教育が始まるということで、それに先駆けプログラミングを遊びながら学べるおもちゃが多数出てきています。出ていたというか、注目されるようになったというか、どちらにせよ目にとまる ...

5

先日新聞で2020年の指導要領の改定についての記事が出ていました。 色々書いてありましたが、その中でも注目をされているのが「プログラミング教育」でしょう。 とはいえ、年長さんや小学生に難しいプログラミ ...

-4歳~, 5歳~, 6歳~, 幼児教材, 英語
-,

Copyright© Our future|幼児教育、育児 ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.